中古バイク下取りと買取比較

バイク買取を検討する前に、次のバイクを購入するつもりがあれば、下取りと言う選択肢があります。その際、買取価格と下取り価格の違いについて理解しておく必要があります。

下取りは、新しくバイクを購入する際に、今まで乗っていたバイクを引き取ってもらい、引き取り価格を購入価格から値引きしてもらう仕組みです。再販価値が無いと判断された場合や、鉄くず相場が下落しているなどの場合等は、値引きどころか廃車費用を請求される場合があります。

一方買取は、バイク買取の業者にバイクを買い取ってもらうことです。買取は、下取りのようにバイクの購入とセットではありません。下取りと買取の違いは、バイクを買うか買わないかの違いです。買取の場合は、バイクを売るだけなので、買取価格のみに注意して交渉が可能です。一方、下取りの場合は、バイクの購入行為とセットなので、買うことも同時に考えないといけません。これによって値引き額が曖昧になるリスクがあります。

購入するバイク本体の値引きは限界がありますが、下取り額を増額するケースはよくありますが、購入と売却を別々に実施した場合とよりも総額が節約できるとは限りません。原則としては、売り買いを同時に行うことは、総合的に損をする場合があるため注意が必要です。