中古バイク買取に必要な書類

バイク買取の際に必要な書類があります。排気量ごと、手続き場所によって必要書類が異なります。バイクは、役所に登録してナンバープレートを付けるため、売却時には、名義が変わります。そのため、公的な書類等の手続きが必要になります。手続き自体は買取業者が代行してくれるため、特に複雑な手続きを直接する必要はありません。ただ、準備すべき書類や、手続き方法などは知っておいたほうがいいでしょう。

原付バイクの場合ですが、市区町村役所にて登録しナンバープレートを発行してもらいます。バイクを売却する際に、自身がバイクを登録した市区町村役所で廃車登録が必要です。この手続きの際に必要なものは、印鑑、ナンバープレート、標識交付証明書、自賠責保険証明書などが必要です。

軽二輪の場合は、登録は陸運局です。この場合、売却後の新しい買主側の管轄にある陸運局でまとめて手続きをするようになっています。用意すべきものは、軽自動車届出済証が必要です。譲渡証明書は別途作成します。

小型二輪の場合は、軽二輪同様登録は陸運局で行われます。手続きの手順は、委任状が加わる程度で軽二輪とおおむね同じです。売買契約が成立した時点で記入や捺印をすれば問題ありません。